ハロウィンの季節

2017-09-29

ハロウィンの季節がやってきました。毎年渋谷ではどんちゃん騒ぎしているみたいですね。渋谷なんですよ、今の仕事場。

東京に来て10年足らずになりますが、ハロウィンでこれだけ騒ぐようになったのってここ数年のことですよね。何がきっかけでそうなったのかは知りませんが、唐突だなという感じが拭えません。いやあ、僕が知らなかっただけなのかな。

きっと商業的な意図があってこういう賑わいになっているのでしょうね。

だからって間違った文化だとか言っても何にもならないし、楽しいことが多いのはいいことだと思っています。それはそれですごいなって思いますし。ゴミやお触りの問題はあるみたいですけど。

しかしもうそろそろ「今年も」という感じになってきてると思うんですよ。当初こそ 何かの力がはたらいている としか思えなくて、結構な違和感がありましたが、それも薄れてきていて。慣れていくのでしょうね。

あと数年もすれば その違和感だって忘れてしまう ような気がします。

速度を得た物体は慣性で等速運動を続ける、物理のようです。速度は加速度と時間とで成りますが、物体に加速度を与えるには力が必要なんですね。

何かを動かしたり始めたりするのはしんどいことです。それでも、その力で時間をかけて やり続けてさえいればそれも普通になっていく というようなことは、確かにあるように思います。

でも僕はこういうお祭り苦手です。