2日に1回

2017-12-13

湯シャンのことを以前書きました。あれから、シャンプーするのを2日に1回にしています。

最初こそベタベタするような感じがしましたが、2日に1回を保てばそれほど気になりません。日曜日、お風呂をお昼にしてそこでシャンプーしたので、その日の夜と次の日の夜は湯シャンにしました。さすがにちょっと違和感があり、たった半日でもペースを崩すとこんなものかと思いました。

しかしここで疑問に思います。この、それほど気にならないというのは、髪がベタベタしなくなったのか、それとも感覚がベタベタするのに慣れていったのか、どちらなのだろう?

感覚としてはベタベタしなくなったのだと思っていますが、その感覚が変わっていっているのだとしたら、もはやどうなったのか、自分では判断できません。

この感じ、実に不安定なものだと感じました。髪にしろ感覚にしろ、いずれかは変化していっているはずです。しかし自分ではどうかも分からない。この感覚は世界の中心ではないのだと自覚することができます。一方でそんなものはどちらでもよいというように日常があります。

同じであるようでも、ものごとは常に変容していっています。諸行無常です。そういう摂理の中では、自分という固定されたものだってないのだというのは、分からないでもないような気がしました。諸法無我です。

その在りようを作るのが縁なら、善をやらなきゃいけないっていうのは、それはそうかなとも思えるわけです。

それで、昨日はちゃんとシャンプーしましたよ。