自分は怒っているのだ、と

2017-12-14

いやいや、電車の中ですよ。どうしてそうわがままやることができるんです。と言いたくなるような人はいます。

どうしたっているのですから、なんでなんだと考えても仕方ないよなと思わなければ、自分の心を乱してしまうだけですね。近づかない以外の方法はないと思います。

昨日もそういうおじさんがいました。ぐいぐい切り込んでいくものだから、押されたおばさんがご立腹するわけです。なあんなのよあんた!というような形相でしばらくおじさんを睨みつけていました。

相当怒ってるんだろうなあとそのおばさんを窓ガラス越しに見ていて気がつきました。ああそうか、「自分は怒っているのだ」ということを知らしめたいんだ。だからそういう表情をするわけだ。

そんなことをして状況がよくなることはありません。人の怒り感じて忖度することができる人なら、はじめからそうはしないでしょう。それでもそうしているのですから、その表情を見せつけたところで態度を改めるはずがありません。

理屈ではそうなんです。しかし怒れてしまっていれば、そういう判断はできないものです。僕だって肩を押し返してしまうことがあります。あれはそう、自分の存在を認めさせるためにやっているものです。

いけないいけない、そういう心の乱し方は。